読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論点突破とラグビー

ラグビーのルールは

すごく複雑なのもあるけど、おいておくと、結果ボールを前に投げてはダメ、蹴るのならあり。

是は結構深い。

 

 

敵が前からきた!なんてときは

ボールを回す、ということをよくやる。

 

 

敵を攪乱するためにってときも

ボールを回す。

 

しかし、ボールを回す限りにおいては、基本的に後ろにボールが回っている。

貰った人間が前に走っていかなければならない。

 

そして何よりもポイントが、どこかでは敵の圧力と対峙しなければならない。

 

だから、ボールを回すというのは、こちらが最も有利な状況、つまりこちらが敵よりも高い圧力を出せるポイントでぶつかりにいかなければならない(ラグビー知らない人すみません)。

 

これは、

 

ある課題が有った時に、周囲の外堀を埋めるような議論をし、結果回答を出さなければならない事項に触れていない時がボールを回している時で、

 

実際のその問題のための動きをしている時がラグビーで言うところの相手との接点で押し合いへし合いをしているときであると言い換えられる。

 

課題解決の議論においても両方必要で、どのタイミング何をすべきかがにセンスが問われるのだろう。