甲子園

野球は、今がチャンス、踏ん張りどころがよくわかるスポーツ。潮目が変わる打席、投球がよく分かるスポーツ。日々の生活では分からない。分かりづらく、チャンスが現れ、踏ん張りどころは普通の日々に潜んでいる。ピンチ、チャンスとわかれば動き方もかわる…

考えるとは

何故⚪️⚪️⚪️は▲かと自分に問いかけることす

無意味っぽいことの意味は

否定的に言われても意に介さない無駄の効用は数をこなすと意味がある其れがどうしてかは話せないならそれでよい、結果をだそう。むに張れ、意味があると思うならあとから意味はついてくる

完全に開く

はっきりとわかりやすく、大きな勘違いをする。自分の煩悩を意識する衝動を意識する見えてるものを例える違うこと。創造的に生きれるとする。全てに適応するルールとする兎に角書く回数、数は力

人の輪を広げていく

無形資産を広げていく のっていく 自分で会も主催すれば、人の会にも😄を出すし 興味の有る事は1歩踏み込む。 日々の1歩を積み重ねていく。

ライフシフト

◎面白い本でした。 10年前から感じていた、地殻変動の言語か 長寿にともなう、特にステージ制度が変更される事 つまるところ、当たり前があたり前ではなくなるという 使い古された言葉の言語化がなされた良書。 要諦は計画、準備、今を楽しむところのバラン…

道は開かれる

◎ イエスというだけ。 なんか思い出したいけど 忘れている。 日々何が有ったのか思い出す事は大事。 波長が合う人と会えたら食いつくのが大事。 自分を広げていく。 できるところで、接点に強くなっていく。 全く裸ででなくていい、ちょっとずつ自分の負荷が…

勢いがついたら

後先考えないで いけるところまで行く。 止まった時に考える。 以上。 動かないよりまし。 以上。 動いたおかげで、次が見える。 以上。

要は

人は人によってストレスを抱え 人によって癒される。

想像力を持つ事

とは、、、 相手の文脈を読むこと。 その中で考えること。 そこで見えてきた事を仮説として 確認すること。 決めつけずに、フラグラしている状態につよいこと。

同質感と排他的感情

◎同じように育ち 同じようにがんばれて、互いが認めている人たちの会は 他から見れば排他的であり、交わりづらさを感じるものである。 こういうところでは、自分が既に中にいる場合得るものは 安心感であり、安定感であり、成長の余地はあまりない。 逆にこ…

完璧主義は捨てる。

万事巡り会わせて、JITに物事が進むことが望ましい。 学校では、事前準備の大切さを学ぶ。 しかしながらそれは幻想。 準備は必要であるが、幻想。 止めない事が大切。完璧に行かなくても、兎に角始める。止めない事。 完璧でないからといって、止める必要は…

名前を付けてみる。

要はコンセプト=名前をつけてみる 名前をつけると、その名前にひもづいた心象を人に勝手に与える。 物事が始まる。 出会い系ではなくTINDER いかがわしさが消えた。若者はいまやっているよっという先端感もでた。 人とのつながりをほしがる、デジタルの陰に…

考えないような仕組みを作る。考えるべき事に集中する。

考える事の対にあるのが考えない事 選択とはつまり捨てる事 時間が有限である。 どう使うかである。 考えないで、つまり、時間を使わなくていい事は何か 合目的に判断、し決めておく事いわゆるマイルール 大きくしぼっていく。 本を読むための時間、思考の時…

回数が品質を変えていく

繰り返すだけではない。 少しずつ結果とプロセスの相関性をみていくこと 変数は何か、得られた結果は何か 因果関係がそもそもあるのか アウトプットといわれるものはそもそも存在するのか? 気がついたら統合された思考になっている。 細かくても、広げすぎ…

回数回数

兎に角回数にこだわるという事。 その中で見えてくる道筋 観点 観点さえみえれば、そこに注ぎ込むだけ。 観点を獲得するための回数である。 少なくとも最初の1000時間は 1000時間何かやると、とりあえずその分野の観点が分かる。 1日3時間で1年 で…

貫かないと

おかしなにおいなら もう貫こう まずい飯はくいたくない 素材もためらい無く捨てろ 判断に間違いは無いのだから とにかく判断した場合はそうしろ。 判断するところまでまずはもっていけ

信じるは学の力のみ

無意識のコントロール 自己暗示 暗示をかける事に意味が有る。 無意識でやれる、負荷なく だから継続できる。

数は力

情動にかられないようにする 食べ過ぎないし、悲観しすぎない。 両方とも同じ脳への負荷 これになれる。 脳の負荷に慣れる。 負荷の掛け方。

数は力

数は力 考え続ける ここ迄適って思ってから1000回 何事も1000時間やればだいたい分かる。 継続さえしていればいい。 止めない事が肝心

振り切って振り切って振り切って

打席に立ち続ける。 一瞬の気後れは、もー大乗。 そこでいけなかった、差し込めなかった、発言できなかった、やればいいのにと思った事をやらない事、を引きずる事がいやでしょ。 心理的負荷を感じて、逃げそうになったところに、幸せの種が有る。

人が得意じゃない事で得な事

そこが経済化できるかはひとまずおいといていい時代。 どうやって食うかは後から就いてくる。 得意で好きな事を徹底的にやってみるべし。 以上。

USJ

統計の理解 Marketing への応用 自身での活用ができれば 戦える。 ここに集中だ。 次の山が見えた。 後デジタル領域での山が見えないだろうか?

無意識に無を演出できるか

メンタルが強いとはなにか? コントロールできるという事。 体で動きを守ることでコントロールする。

一瞬だ

頭に浮かぶ一瞬待ちなのですね。 そこに向かうためのインプット、準備なのですね。 頭に浮かんだ概念、言葉を書き取り、紡ぐ事で、推進力を得る。 怒られるか怒られないかが基準で生きてきすぎた。 自然と怒られなかったので・・・という発言がでる。 そうい…

平等ということはなにか

・なんでこんな事できないんだ? 当たり前にできることじゃないか? 今迄名にしてきたんだろうか?この人 普通にやれば、100万くらいたまる。 普通こういうときは謝るだろ。 接頭語が「普通」は個人の考え方。 ・日本の学校教育を通して、知らずのうちに…

打席に立ちまくる

打席に立つということ 数は力 苦くて逃げたい経験でも、打席に立ったということだ。

やっぱり

継続。 学習。 無形資産と有形資産 キャッシュ→有形資産→無形資産の順番に価値が有る。 得るのが難しい。量と変換率

FOCUS

自分の得意領域のみに集中したほうがいい。 徹底的に磨いた方がいい。

ふんばる。

今が踏ん張るところ。ここだ。

Yes it can be me

様々な選択肢の中で今を選んでいる。 選んでいえるといえるのか? もっともっと学習しないと 生きている、選んでいるとはいえない。

Sunday style

さいごまで 予定をパンパンに入れる方がいいのかも 運動もしよう。 そうやって、週末は山にいる生活はあり。 金曜日夜から移動日曜日21時迄に帰る

No Excuse

今、やれるか、解を出しにいく。 その日で解を出しにいく。 精度にこだわれ。 どうすれば一番いいのか? 考える。 枠を自分で決める。

DO IT YOURSELF

おれがやる。 もう、ふっきれた。 だからおれがやる。 いう、動く、みる、考える、やる、やる。

In short

肝が据わってないとか、そういう本質が弱い。 気がつけば、なりたくない大人にばっちりなっている自分がいる。 そういう現実。

So what to do

知らんっってことかな。 観に行くこともできるけど やぶへびかー 社会人だなー。 検証してみる。

Revise Everything

◎もうそういうこと 反省をすべき。投げない。やり直す。 責任を取る。

OK LIFE Knowing what i am doing

足るを知るか 自分のエリアを知るか チャレンジしたからか 分かった振り怖い 知らないのも怖い かみ・そういう生き方もあり。 見える事で自分がどう感じるか 近づきたくないのか目指すのか

Seriousness

一点突破 形にする 評価できるように頭の中を見せる。 弁護士試験 後半戦を生き抜くための投資 本当に100歳まで生きる想定をもてるか 60歳以降はなだらかになんてならない。 一瞬の差の積み重ねが 大きな差になる。 他者の成功パターンのインストール。…

BIG DIFFERENCE

信じるは学のちからのみ 差ができている。 もー埋めがたい。

Start a day

何が重要なのか 構造的な理解とポイントの発見 慣れすぎていると指導ができない。

This might be my way

特A、自分の領域。どこからどこか そこを見つけてフカボル 行動以外ない、行動以外ない 信じるは学の力のみ、信じるは学の力のみ

There is or there is not

算数の力 存在するか、しないか 解があるか、ないか その上で問題 問題への姿勢 解きにいく時の姿勢 答えが有ると思って行う 無いかもしれないけど望む 無いかもしれないからとかない。 パラダイムが変わる 算数の本を呼んでいる。 小室直樹先生

Are you really ?

保守に向かう日本 自己肯定が強くなる。 客観的に見れなくなる。 というか客観的に見ようとしすぎて客観的に見れなくなる。 独自の観点をふまえた、意見を支える客観性ではなく 客観が全面にでている、現実感にとぼしい書面上での意見 海外で生活していた身…

Work out

足りていないのは運動だったのか。 なるほどねー これだなー 大抵の悩みはがっちり運動すれば飛ぶということだね。

And so on

集中だ。 また集中。 食い下がるときと集中する時 継続できるか 100年生きる時に 今、自分の何に集中すべきか 今を早く終わらせようとしてはいけない。 計画を立てすぎて、先のために今をがまんしすぎててもいけない 日曜日は最もうまく使える。将来への…

What else do we have ?

負けたくない なのか 勝ちたい なのか やらないといけない なのか 楽しい なのか 内発的動機があるやなしや。 無い場合の意識は? 前提として楽しくないからとすると いけるところまではいける、限定的ではあるが。 楽しみをみつけにいくと、安定しない、パ…

One moment make a difference

逃げない。 一週すれば全ていいこと。 一瞬、キクカキカナイカ、立つか立たないか その瞬間が分かる人になり、動く人になる。 行動以外なにがあろうか、考えるも行動。 手を出すも行動、口を開くも行動 はやく、はやく、はやく、回す

this is time to face it

見えないもの、が見えてくる。 補助線を引くと見えてくる。 きっかけで見えてくる。 高さを変えて見えてくる 向きを変えたら見えてきた。 気がついているけど見たくない事が 結果的に見えてくるときまで待つのか、 観に行くのか。 次々と次のステージへの切…

In spite of everything the show must go on

プロ意識 生活の一部であること。 何におけるプロを目指すのか 歳をとると成長が止まる理由はなにか 成長とは何か プロ意識の醸成と関連している。 プロとは何か 自分を支える、というか一部である行為を先鋭化させて 人に提供する。 人と人をつなぐ。数は力…