甲子園

球数制限設けた方がいいけどな 夏が終わりますね。 年が始まってもう後4ヶ月でおわりか。

Oh NO

野球って人生だなー やっぱり踏ん張るべきところ、踏ん張りどころってのが試合の流れであって そこで踏ん張れているチームが勝ち残れる。特に失点した時、ミスの後で どう立ち上がるか。 知っているのと、やってみたのは違う。 ピンチにいた事が有る、そこで…

理性で学習して 無意識に手渡す

◎と有る本にかいてあった なるほど、理性を使うときは意識的に 自然につまり無意識にできるようになったら体得 それでまた意識を別に向ける そうすると無意識にできる事が広がる。 というサイクルな訳だ。 ◎とはいえ 無意識にできているというか、しているこ…

兎に角1000個なんか書いてみたら

色々と頭が整理されるという事にしよう。 1000冊、100人、1天職 予備校自体の先生の言葉であるが、まだ天職には巡り会えてない。 そもそもリスクを勘違いしていたし、そのつまり、自分が持っているものを 全部使えない怖さ、気がつけば期待なし、汚い…

過去をどう意味付けたいか 結果個人にとって短期的に合理的な判断をしている。

◎過去発生した事 評価は自分がする、どういう評価としたいか→そこに目的があるはず。 過去◎◎だからいま△△だという話に因果関係はない。そうしているだけ ではなぜか? そこにある隠れた目的に目を向ける事で解決策は見えてくるORそれは知らなくてもいい事か…

備忘

20名に友だち呼んで&◎◎の会来て と呼びかけて 反応してくれるのが 4名 そこで呼んできてくれる数が+8名 (1名で2名連れてくる) 100名声かけると 20名(既存)+40名(新規)のイメージ 割り引いて15名・既存で 30名新規 固い

立場による観点

自分が運転していないと、道は覚えない。 自分がその立場になると、見えてくるものが有るが、そうでない場合は見えない。 優しさとは想像力で、どんな立場に相手がいるのかを想像して置く事。 悪意なく人を傷つける事もある。

結果から判断して気持ちを見る

動けていないという結果がある なんで? 動きたくないからだ で、 それはなぜだろう。

3現主義と甲子園

現場、現実、現物の確認 実際に行ってみる事でえられる知見。 気になったら、やってみる、調べてみる、見てみる、行ってみる、話してみる・・・ ことで知識が増える。 ◎甲子園の大阪桐蔭高校 間違いなく、1番スターがいるチーム、どことやってもほぼ勝てる…

無形資産としての人とのつながり

自分の中でどう考えるか どう位置づけるか 資産という響き方が実はあまりしっくりはこないかもしれない。 大切ではあるし、指標としてもつことでより行動的にはなれるけど。。

要は時間配分

長い人生における時間配分 行動として何をするか、考えるか ドンな場所での時間を長くするルカ ドンな人と長く過ごすか 無意識のコントロールが重要 目に見える、コントロールできることを通した無意識への働きかけ。

焦らず、慌てず、あきらめず

◎始めたら 続けるだけ。 興味の有るトピックがどんどん出てきた。 脳科学 人と顔の関係 論理的とはどういう事か ものをうる、マインドシェアの関係 ◎人の記憶の中にどのように残りたいのか そういう話。生きてきた証の一つ

脳が開いてきた

今ここに書いている事、というか書く事自体が、情動をコントロールするすべとなっている。 ◎普遍的なアドバイスは存在し得ない。 ここの状況によって当てはまる率が高い助言はあるかもしれない。 選択するのはあくまで受け手。

言語化

理論化の初歩理論化、つまりモデル化により変数をいじれる。改善できる。説明できる、人に伝わりやすくなる。

手の届く、イケてる感

排他的にならない品質はおちない安全な社交の場

手の届く、異次元の提供

気軽に異次元、非日常。手軽さとそれで通例手に入らないものを結びつける手に入る非日常手の届く異常それぞれ提供者により変わる出会いには別々の価値がある

甲子園

野球は、今がチャンス、踏ん張りどころがよくわかるスポーツ。潮目が変わる打席、投球がよく分かるスポーツ。日々の生活では分からない。分かりづらく、チャンスが現れ、踏ん張りどころは普通の日々に潜んでいる。ピンチ、チャンスとわかれば動き方もかわる…

考えるとは

何故⚪️⚪️⚪️は▲かと自分に問いかけることす

無意味っぽいことの意味は

否定的に言われても意に介さない無駄の効用は数をこなすと意味がある其れがどうしてかは話せないならそれでよい、結果をだそう。むに張れ、意味があると思うならあとから意味はついてくる

完全に開く

はっきりとわかりやすく、大きな勘違いをする。自分の煩悩を意識する衝動を意識する見えてるものを例える違うこと。創造的に生きれるとする。全てに適応するルールとする兎に角書く回数、数は力

人の輪を広げていく

無形資産を広げていく のっていく 自分で会も主催すれば、人の会にも😄を出すし 興味の有る事は1歩踏み込む。 日々の1歩を積み重ねていく。

ライフシフト

◎面白い本でした。 10年前から感じていた、地殻変動の言語か 長寿にともなう、特にステージ制度が変更される事 つまるところ、当たり前があたり前ではなくなるという 使い古された言葉の言語化がなされた良書。 要諦は計画、準備、今を楽しむところのバラン…

道は開かれる

◎ イエスというだけ。 なんか思い出したいけど 忘れている。 日々何が有ったのか思い出す事は大事。 波長が合う人と会えたら食いつくのが大事。 自分を広げていく。 できるところで、接点に強くなっていく。 全く裸ででなくていい、ちょっとずつ自分の負荷が…

勢いがついたら

後先考えないで いけるところまで行く。 止まった時に考える。 以上。 動かないよりまし。 以上。 動いたおかげで、次が見える。 以上。

要は

人は人によってストレスを抱え 人によって癒される。

想像力を持つ事

とは、、、 相手の文脈を読むこと。 その中で考えること。 そこで見えてきた事を仮説として 確認すること。 決めつけずに、フラグラしている状態につよいこと。

同質感と排他的感情

◎同じように育ち 同じようにがんばれて、互いが認めている人たちの会は 他から見れば排他的であり、交わりづらさを感じるものである。 こういうところでは、自分が既に中にいる場合得るものは 安心感であり、安定感であり、成長の余地はあまりない。 逆にこ…

完璧主義は捨てる。

万事巡り会わせて、JITに物事が進むことが望ましい。 学校では、事前準備の大切さを学ぶ。 しかしながらそれは幻想。 準備は必要であるが、幻想。 止めない事が大切。完璧に行かなくても、兎に角始める。止めない事。 完璧でないからといって、止める必要は…

名前を付けてみる。

要はコンセプト=名前をつけてみる 名前をつけると、その名前にひもづいた心象を人に勝手に与える。 物事が始まる。 出会い系ではなくTINDER いかがわしさが消えた。若者はいまやっているよっという先端感もでた。 人とのつながりをほしがる、デジタルの陰に…

考えないような仕組みを作る。考えるべき事に集中する。

考える事の対にあるのが考えない事 選択とはつまり捨てる事 時間が有限である。 どう使うかである。 考えないで、つまり、時間を使わなくていい事は何か 合目的に判断、し決めておく事いわゆるマイルール 大きくしぼっていく。 本を読むための時間、思考の時…

回数が品質を変えていく

繰り返すだけではない。 少しずつ結果とプロセスの相関性をみていくこと 変数は何か、得られた結果は何か 因果関係がそもそもあるのか アウトプットといわれるものはそもそも存在するのか? 気がついたら統合された思考になっている。 細かくても、広げすぎ…

回数回数

兎に角回数にこだわるという事。 その中で見えてくる道筋 観点 観点さえみえれば、そこに注ぎ込むだけ。 観点を獲得するための回数である。 少なくとも最初の1000時間は 1000時間何かやると、とりあえずその分野の観点が分かる。 1日3時間で1年 で…

貫かないと

おかしなにおいなら もう貫こう まずい飯はくいたくない 素材もためらい無く捨てろ 判断に間違いは無いのだから とにかく判断した場合はそうしろ。 判断するところまでまずはもっていけ

信じるは学の力のみ

無意識のコントロール 自己暗示 暗示をかける事に意味が有る。 無意識でやれる、負荷なく だから継続できる。

数は力

情動にかられないようにする 食べ過ぎないし、悲観しすぎない。 両方とも同じ脳への負荷 これになれる。 脳の負荷に慣れる。 負荷の掛け方。

数は力

数は力 考え続ける ここ迄適って思ってから1000回 何事も1000時間やればだいたい分かる。 継続さえしていればいい。 止めない事が肝心

振り切って振り切って振り切って

打席に立ち続ける。 一瞬の気後れは、もー大乗。 そこでいけなかった、差し込めなかった、発言できなかった、やればいいのにと思った事をやらない事、を引きずる事がいやでしょ。 心理的負荷を感じて、逃げそうになったところに、幸せの種が有る。

人が得意じゃない事で得な事

そこが経済化できるかはひとまずおいといていい時代。 どうやって食うかは後から就いてくる。 得意で好きな事を徹底的にやってみるべし。 以上。

USJ

統計の理解 Marketing への応用 自身での活用ができれば 戦える。 ここに集中だ。 次の山が見えた。 後デジタル領域での山が見えないだろうか?

無意識に無を演出できるか

メンタルが強いとはなにか? コントロールできるという事。 体で動きを守ることでコントロールする。

一瞬だ

頭に浮かぶ一瞬待ちなのですね。 そこに向かうためのインプット、準備なのですね。 頭に浮かんだ概念、言葉を書き取り、紡ぐ事で、推進力を得る。 怒られるか怒られないかが基準で生きてきすぎた。 自然と怒られなかったので・・・という発言がでる。 そうい…

平等ということはなにか

・なんでこんな事できないんだ? 当たり前にできることじゃないか? 今迄名にしてきたんだろうか?この人 普通にやれば、100万くらいたまる。 普通こういうときは謝るだろ。 接頭語が「普通」は個人の考え方。 ・日本の学校教育を通して、知らずのうちに…

打席に立ちまくる

打席に立つということ 数は力 苦くて逃げたい経験でも、打席に立ったということだ。

やっぱり

継続。 学習。 無形資産と有形資産 キャッシュ→有形資産→無形資産の順番に価値が有る。 得るのが難しい。量と変換率

FOCUS

自分の得意領域のみに集中したほうがいい。 徹底的に磨いた方がいい。

ふんばる。

今が踏ん張るところ。ここだ。

Yes it can be me

様々な選択肢の中で今を選んでいる。 選んでいえるといえるのか? もっともっと学習しないと 生きている、選んでいるとはいえない。

Sunday style

さいごまで 予定をパンパンに入れる方がいいのかも 運動もしよう。 そうやって、週末は山にいる生活はあり。 金曜日夜から移動日曜日21時迄に帰る

No Excuse

今、やれるか、解を出しにいく。 その日で解を出しにいく。 精度にこだわれ。 どうすれば一番いいのか? 考える。 枠を自分で決める。

DO IT YOURSELF

おれがやる。 もう、ふっきれた。 だからおれがやる。 いう、動く、みる、考える、やる、やる。